プロミスから電話がかかってくるケースとは

キャッシングを利用する際には、申込先であるキャッシング会社から電話がかかってくる場合があります。これはプロミスの場合も同様ですが、プロミスから電話がかかってくるのはどのような場合なのでしょうか。

プロミスから電話がくるケースとしてまず挙げられるのは、申込時の在籍確認です。これはプロミスに限らず、個人に対して貸付けを行っている業者であればどこでも必ず実施しているもので、申込者が申告した勤務先に電話をつなぐことによって、その勤務先が存在することと、勤務先に従業員がいて勤務の実態があることを確認します。プロミスの場合は申込者本人からの電話の応対があるか、申込者の同僚から申込者の在籍の有無について回答があるまで在籍確認が続きます。

契約後は、期日を守って借入金の返済を続けるなど、契約内容にしたがって利用を続けていればプロミスから電話がくることはまずありません。しかし、返済日を過ぎても一向に返済金の入金が無いと、プロミスから返済が遅れていることを伝える電話がかかってきます。電話に応じて、返済金を入金すれば電話がくることはなくなりますが、入金が無いとその後も何度も電話がかかってきます。延滞が長引くと電話による催促加えて、書面による催促も行われるようになり、応じないまま放置を続けると期限の利益が喪失されたとして貸付金の一括返済を求めてきたり、最悪の場合には裁判所が介入してきて財産の差し押さえが実施されることもあります。もし、返済期日までに返済金を確保することが困難な場合なのであれば、すみやかにプロミスに相談しましょう。相談の内容と態度次第では、返済を少しだけ待ってくれることがあります。
http://pms-zougaku.info/