家を売る時の営業マンとの付き合い方

家売る行為は自分だけで行うというものではなく、仲介してくれる不動産屋、特に、担当してくれる営業マンの存在なしには成立しません。その際に、付き合い方はどうしていくかが大事になります。もちろん、相手も仕事であるため、べったりくっつくような関係性もおかしなものですが、仕事の関係を殊更強調するのも相手にとってみればあまり気分のいい話ではありません。家を売る際に、担当者との付き合い方をどうするか、この辺りが重要です。

距離感としては、お互いのプライベートに踏み込むということをしない程度に付き合っていくということが大事です。家を売るということはプライベートに足を踏み入れがちですが、なぜ家を売るのかを営業マンから聞いてくる場合にはあまり信用しないほうがいいことが多く、担当を変えてもらう、別の業者にするなどの対応が必要です。結局のところ、こうした事実は噂となって広まることになり、あらぬ噂に苦しめられることになります。だからこそ、プライベートを聞き出そうとする営業マンは信用しない方が身のためです。中には、話のネタとしてあえて切り出す人もいて、悪意がない場合がほとんどですが、大事なことはそれにどう感じるかであるため、不快に感じれば策を講じることが大事です。

自分たちのために頑張ってくれる営業マンにするには、ねぎらいの言葉をかけるということでも十分伝わり、ご飯をおごるなどのことをしなくても問題ないのです。